Written by Manabu Bannai

仮想通貨の「ステーキング市場」について調査しました【波乗り案件】

こんにちは、マナブです。
本日は、下記のニュースを取り上げます。

案の定で「反応率の低いツイート」になりました。
しかし重要なので、本記事にて解説していきます。

そもそも、ステーキング市場ってなに?

まずは「基礎解説」から始めます。

PoSについて理解しよう

PoSとは「プルーフ・オブ・ステーク」の略です。

ビットコインは「PoW(=プルーフ・オブ・ワーク)」を採用しており、その一方でイーサリアムは「PoS(=プルーフ・オブ・ステーク)」を採用しています。

しかし現在のイーサリアムは、まだPoWです。つまりビットコインと同じ。現状は「イーサリアム2.0」のアップデートに向けて、PoSへの変更を進めています。

PoWとPoSの違いとは

知ってる人は飛ばしてください。結論は下記のとおり。

上記のとおりなのですが、これじゃあ分かりづらいはずなので、もう少し深堀りします。まずは「PoW」から見ていきます。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは

ビットコインが採用している方法です。

ビットコインには「マイナー(=採掘者)」という人達がいます。彼らはビットコインを掘り当てて稼ぐために、日々膨大な「計算タスク」を実行します。高度なPCを用意して、ガツガツ電気代を消費しつつ、ビットコインの採掘します。

なおビットコインはデジタルなので、実際に穴を掘るわけじゃないです。複雑な計算処理をしつつ、計算処理の「答え」を探します。そして答えを見つけた人に対して、その「労働の報酬」として、ビットコインが支払われます。

プルーフ・オブ・ワークの信頼性は高いですが、1つ問題があります。それが「環境破壊」です。よく言われることですが、ビットコインのマイナー達は、膨大な電気を消費します。電気の利用は環境破壊に繋がるので、批判されてる訳ですね。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは

イーサリアムが対応を進めているPoSは、環境に優しいです。なぜなら、複雑な計算処理が不要で、高性能PCも不要だからです。

では、どうやってPoSは動いているのか?

ここで登場するワードが「ステーク」です。ステークを日本語にすると、意味は「賭ける」です。つまり「ステークする量(=賭ける量)に応じて、報酬が支払われやすくなる仕組みです。

たくさんイーサリアムを持っている人なら、イーサリアムの価値を下げたくないですよね。つまり、多くのイーサリアムを持っている人は、イーサリアムを正しく運営したい、というインセンティブが生まれます。その方が自分が儲かる為。 こういったインセンティブ設計で動く構造を、プルーフ・オブ・ステークと呼びます。

ステーキングする価値とは

ここまでで、ざっくりと「PoWとPoSの違い」が分かったはずです。ぶっちゃけ大半の日本人は、こういった知識を知らないはず。一歩前進しましたね。次に考えることは、ステーキングの価値です。

結論:ステーキングすると、儲かる

ここは超シンプルですが、ステーキングをすると儲かります。

イーサリアムを例にすると、年利としては「5%〜20%」くらいです。多くの人がステーキングするほどに、年利が下がります。詳しい内容は「イーサリアムの公式サイト」からご覧ください。

イーサリアムは、ステーキングを募集中

繰り返しですが、イーサリアムは「PoWから、PoSへの移行」を進めています。

完成時期は「2022年以降」と言われています。つまり、あと1年後くらいですかね。しかしイーサリアム2.0の開発は遅れ気味なので、2022年で完成するのか謎です。

ステーキングには条件がある

この記事を読んでいる方の中には、イーサリアムを持っている人がいますよね。僕も持っています。

では、皆さんはイーサリアムをステーキングしていますか? たぶん回答は「No」ですよね。僕も「No」です。イーサリアムのステーキングには、ハードルがあります。

条件:32ETH(=1,300万円)以上をステーキングすること

どうでしょう。ハードルが高いですよね。1,300万円もイーサを持っている人は、かなり少ないはず。

なお、もし仮に「自分は32ETHがあるぜ」となっても、さらなるハードルがあります。それは「ノードの運営」です。

ノード運営とは、超簡単にいうと、サーバーなどを借りて、必要ソフトをインストールして、かつPC電源の常時稼働が必須。

これって、厳しくないですか? ステーキング用にPCを買ってこないと、厳しそうです。なので現状だと、個人でイーサリアムのステーキングをしている人は、かなり少ないはずです。

ここまでの内容を、まとめます

というわけで、以上が「ステーキング市場」の話です。ここまでを読んだら、ある程度は理解できますよね。

このマーケットが「大きく拡大するだろう」と言われており、肌感覚としても分かりますよね。そもそも、イーサリアムがPoSに以降するなら、そりゃ拡大しますよね。

そして、このマーケットに着目して、サービス投下しているプロジェクトがあります。そのプロジェクトについて、次の項にて解説します。

ステーキング市場の強者:Lidoを解説

ここからが、ある意味で本題です。
結論からいうと、僕は「Lido」というプロジェクトに着目しています。

まずは参考文献を紹介します

今回の記事作成では、下記サイトにお世話になりました。

結論として、上記を熟読するなら、僕の記事は不要です。しかし内容が難しいので、僕は「噛み砕きつつの、解説」をしていきます。

Lidoプロジェクトの概要

Lidoは「ETHステーキングのサポート事業」をしています。

先ほどに解説したとおり、イーサのステーキングはハードルが高いです。しかしLidoを使うことで、下記のとおりに解決できます。

上記のとおり。要するに「仮に1ETHしか持っていない人でも、Lidoを使えばイーサのステーキングが可能」ということ。手数料は「ステーキング報酬の10%」なので、まぁ許容範囲ですよね。

Lidoプロジェクトは、強すぎる

ここが最重要なのですが、それは「Lidoのシェア」です。ここに関しては、下記のサイトから調査できます。

crypto-staking2

※画像の引用元:Lido ETH 2.0 Share

上記のとおりで、全体の「16%」のシェアだと分かります。これはリアルタイムで変化するので、気になる方は引用元をクリックしてください。

16%のシェアは、大きいのか

さらに深堀りしつつ、下記の引用をご覧ください。

Just recently, the share of the top 4 entities (Lido, Kraken, Binance, Staked.us) stake in the deposit contract totalled to around 36.6%.

最近では、上位4社 [ Lido、Kraken、Binance、Staked.us ] のステーキングのシェアは合計で「約36.6%」となっています。

上記のとおりで、つまりBinanceのステーキングサービスにも勝っている訳ですね。

また、こういった市場は「ネットワーク効果」が働きます。つまり、強いモノが、更に強くなる現象です。Lidoがシェアを拡大するほどに、Lidoは有利な「利回り」を作れますので、無双しそうです。

Lidoコインは、爆上げしたのか

価格は上がっていますが、コインの時価総額ランキングでは「457位」です。

価格の考察に関して詳しくは「Is Lido Undervalued?」か「LIDOの投資分析(※有料)」を読んで欲しいのですが、記事では「割安感がある」と判断されています。

未来のことは分かりませんが、僕も記事に同意です。特にステーキング系の市場では、ネットワーク効果が重要だと思います。そしてLidoは大きなシェアを持っているので、有利にビジネスを進めることができます。

※補足 : Lidoの近未来の競合として、Rocket Poolがあります。年内にはリリースされそうなので、気になる方は調査をどうぞ。

Lidoを使うと、ダブルで稼げる

先ほどに僕は、下記の記載をしました。

預り証を運用することで、更にお金を稼げます(※後で解説)

上記に関して、ここで解説します。

預り証を、DeFi運用できる

このあたりから、ちょっと難易度が上がります。百聞は一見にしかずなので、下記をご覧ください。

crypto-staking3

上記は「Curve」というDeFiサービスのスクショです。

Curveを使い、そして「Lidoの預り証(=stETH)」を運用することで、ダブルで稼げますね。つまりイーサリアムのステーキングで稼ぎつつ、同時に「預り証の運用」でも稼げる。年利は2.73%。

わりと錬金術な感じもありますが、凄い世界です。なおDeFiの基礎が分からない方は「DeFiの始め方の動画」をご覧ください。僕がわかりやすく解説しました。

Lidoの未来はどうなるか

最後に「イーサリアム2.0がリリースされた後の、Lidoの状況」を考えてみます。いったん整理しつつ、下記にまとめます。

上記のとおり。

つまり、現状は「32ETHを持っていないと、ステーキングできない」という状況ですが、この状況は将来的に終了します。なぜなら、イーサリアム2.0がリリースされたら、また別の「ステーキング方法」が公開されるため。

もしかしたらイーサリアムが素晴らしいアップデートをして、誰でも簡単にステーキングできるようになるかもです。こうなったら、Lidoはオワコンになりますか?

結論:Lidoの役割は残っていく

ここは未来の話なので、各自で考えてください。僕がググりつつ考えたことは、次のとおり。

上記のとおり。つまり形は変わりますが、Lidoの価値は残るはず。かつ繰り返しですが、Lidoの「マーケットシェア」は巨大です。

ビジネスの世界では、巨人は有利になります。Lidoは資金もあるので、将来的にも強さを維持するのでは、と思っています。

※Lidoのプロジェクトは「MEV」の解決にも価値を発揮する、という意見もあります。MEVとは「フロントランニング問題」とも関連しており、ここはちょい難しいです。詳しくは「LIDOの投資分析(※有料)」と「フロントランニングとは」をご覧ください。

というわけで、今回の記事は以上です。

今回の内容は、ちょっと難しいかったかもです。なお仮想通貨を学ぶ上では、基礎理解が重要です。超基礎に関しは、僕のYouTubeでも解説していますので、参考までにどうぞ。
»参考:【初心者向け】ビットコイン・仮想通貨の始め方【完全解説セミナー】